×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

AMERICAN WALTHAM WATCH CO.(ウォルサム)製 デッキウォッチ

ファイルのタイムスタンプによると2001年5月のコンテンツです。

AMERICAN WALTHAM WATCH CO.(ウォルサム)製 デッキウォッチ

Crescent Street -Open Face 21石 1899年製

チラネジ・切テンプを持つウォルサムのデッキウォッチ。海洋時計の一種と思われるのだけれど、詳細は不明。

ウォルサムのデッキウォッチというのはオークションの評価では結構珍しいものらしい。木箱に固定された状態なので、船室の机の上にでも置くのが正しい使い方なのかな?あまり使われなかったのか状態はかなり良好。オーバーホールを行ったのでムーブメントはピカピカ

エナメルに数字書きの文字盤にブルースチールの針の組み合わせが好き

チク・タク音がかなり大きいので、動かしてしまうと慣れるまで気になって眠れなくなります(笑)

WALTHAMといえば、今はスイスのメーカーのようですが、これは創業当時、まだ、アメリカあったころのものです。アメリカでも結構まともなポケットウォッチが作られていたのですね。

010518 131246

小さな木箱ですが、しっかりとしたつくりになっています

010518 131314

ふたを開けた状態

010518 134558

普通、文字盤を写すときは10時10分ですか?まぁ、いいでしょう(笑)この文字盤大好きです。クラックもありません。たぶん、このように立てて使うのだと思います

010518 134627

こちらにもガラスが入っていて、シースルーバックになっています。自慢したくなるほどきれいなムーブメントです。No.16178806

010518 134649
010518 134715

1番車(香箱)の軸受けに石が入っているよ!と自慢しているらしい解説書が当時のまま入っています

© wolfman  (since 2006 JAPAN)